女性にとってはどういったメールが嬉しいのか

女性にとっては、男性から送られたメールの内容を見て、嬉しい気持ちになれば返事をしたいと思うわけです。
したがって男性にとっては、女性に嬉しいと思われるメールを書く事が、出逢い系サイトを攻略するためには欠かせないのです。
では、女性にとってはどういったメールが嬉しいのでしょうか?

もちろん、女性によって受け止め方は違うので、決して一概には言えないでしょうが、どの女性にも共通するのが、「自分のプロフィールをしっかりと見てくれている」という点です。

つまり、男性からのメールに、自分のプロフィールに関することが書かれていれば、それだけでも嬉しくなるものです。
例えば、趣味について触れてくれたり、自己紹介の内容に興味を持ってくれたりすれば、女性はとっても喜ばしく思うのです。

ですから、どういったメールを書くにしても、女性のプロフィールに少しでも触れてあげることが、出逢い系サイト攻略の大きなポイントとなるんです。
少なくとも、それで印象を悪くする女性はまずいないので、マイナスになることは絶対にないのです。

もちろん、プロフィールの内容によっては、なかなか触れるのが難しい場合もあるかもしれません。
ただ、それでも何かしらプロフィールに関することを書いてあげれば、それだけでも返信してもらえる確率は大きく高まるのです。

決して難しいことではありませんし、女性のプロフィールをじっくりと確認すればできることですから、是非とも上記のようなメールを書いてみるといいでしょう。
もし自分が女性の立場に立ったことを考えても、やはりプロフィールについて書いてくれれば嬉しいと思うはずです。

出逢い系サイトが普及する前から利用しています

私は、かなり長く出逢い系サイトを利用しており、恐らくかなりの古株ユーザーだと思います。
私が利用し始めた頃は、まだ出逢い系サイトもあまり普及しておらず、パソコンや携帯自体もそこまで普及率が高くなかった頃でした。

この頃は、有料のサイトがメインとなっており、今のように無料サイトはあまりなかった時代でした。
会員数も大規模なサイトでも数万人程度だったので、都市部でないとまともに相手を探せない状況でした。

しかし一方で、ライバルもほとんどいなかったことから、出会うこと自体は非常に簡単だったのです。
しかも、この頃は知名度も低いことから、悪質サイトやサクラの存在も少なかったので、そういった警戒をする必要もなかったのです。

その後、どんどん出逢い系サイトも普及していき、無料で利用できるサイトも増えていったので、私もそちらをメインに利用するようになりました。
ただ、知名度が高まってしまったことで、悪質サイトやサクラの数も増えてしまい、昔よりもサイト選びは慎重に行わないといけなくなりました。

何より、ライバルが増えてしまったことが、私にとっては1番の難点かもしれません。
もっとも、逆にチャンスも増えたと捉えることができるので、その後も安定して出会うことはできています。

さて、昔と今、どちらの時代の出逢い系サイトが良かったかと聞かれると、個人的にはどちらとも言えないです。
なぜなら、昔は昔の良い面と悪い面がありますし、今は今で長所もあれば短所もあるわけですから、一概に昔と今の出逢い系サイトを比較することはできないのです。

出逢い系サイトで負け組になってしまう理由は

出逢い系サイトの世界でも、やっぱり勝ち組と負け組はいるわけです。
出会うために会員同士で競争をするわけですから、どうしても勝つ人と負ける人が出てくるのです。

勝ち組の人は、コンスタントに出会いを実現させていますし、いろんな異性と付き合うことができているのです。
一方で負け組の人は、まずメール交換をすることすら厳しい状況で、まして出会いなんて無理難題な状況になっているのです。

では、どうして出逢い系サイトで負け組になってしまうのでしょうか?
やはり、何かしら足りない部分があるからこそ、勝ち組と負け組とで差がついてしまうのです。

例えば、勝ち組の人は積極的に行動をする傾向が強く、失敗を恐れずにどんどんチャレンジをしているのです。
しかし負け組の人は、消極的になってしまいがちですし、失敗を恐れてしまい萎縮をしてしまうのです。
その時点で、もう勝負は付いたも同然だと言えるのです。

出逢い系サイトは、自分から動いていかないと絶対に成功はできないので、アグレッシブな人ほど成功する確率は高くなるのです。
逆に、ただじっとしているだけの人は、自分から出会うチャンスを放棄したのと同じことなのです。

別に、勝ち組の人が特別凄いことをしているわけではありませんし、優れた才能を持っているわけではないのです。
やるべきことをしっかりとできているからこそ、勝ち組になることができているわけであり、運否天賦で成否が決まるわけではないのです。

逆に言えば、どんな人でも努力次第で勝ち組になれるわけですから、出逢い系サイトはある意味では公平な勝負ができる場所だと言えます。

出逢い系サイト人口は激減してしまったのか

ピーク時の出逢い系サイト人口は、物凄い数だったと言われています。
ただ、近年ではその数も激減していると言われており、出逢い系サイトが衰退傾向であることは否めないとも言われたりしています。

確かに、この数年で出逢い系サイトの利用者が、減少してしまったことは事実でしょう。
メディアでも出逢い系サイトの事件や犯罪を頻繁に取り上げていますし、それによって評判が落ちてしまったことは確かだと思います。
それに、SNSやアプリといったツールも普及しており、出会いを探すのに必ずしも出逢い系サイトを利用する必要もないわけです。

ただ、じゃあ今はもう出逢い系サイトを利用している人などほとんどいないのかと言うと、決してそうではないのです。
今でも、大手の出逢い系サイトであれば、結構な数の人が利用していますし、素敵な出会いを見つけている人もたくさんいるのです。

何だかんだ言っても、出会いを探す上では出逢い系サイトは最も効率的ですし、その需要が減少しているわけでも決してないのです。
むしろ、インターネットや携帯電話がより発達した今の時代だからこそ、このようにネットによる出会いは魅力があると言えるのです。

それに、一昔前に比べると今は、女性も仕事を頑張っている人が多いですし、なかなか日常で出会いを見つけられない人や、その時間がないという人も多くなったのです。
そんな人にとっても、出逢い系サイトならちょっとした時間でも出会いを探すことができるので、非常に魅力的な存在なわけです。

今後は、色々なツールやコンテンツが登場するでしょうが、それでも需要が尽きるということはないでしょうし、今後も一定数はキープし続けると思われます。

逆援助は100%存在しないとまでは言いませんが

出逢い系サイトの方でよく、逆援助に関するメールが届くことがあります。
「月に30万円サポートします」、「1回のセックスで10万円援助します」など、逆援メールが女性から届くわけです。

正直、そういったメールは99%詐欺だと思った方がいいでしょう。
実際はサクラが女性を演じているだけで、男性を騙そうと考えているわけです。

有料ポイントを消費させたり、手数料と称してお金を払わせたり、プレミア会員でないとダメという理由で登録料を支払わせたりするわけです。
そして、お金を払ったにも関わらず、女性はなかなか出会う約束をしてくれず、最終的には連絡が取れなくなってしまうのです。

まさに逆援助は、典型的な詐欺の手口だと言えるのですが、どうしても騙されてしまう人も少なからずいるのです。
本当に逆援が存在すると思ってしまい、ついサクラの口車に乗せられてしまうのです。

確かに、逆援助は100%存在しないとまでは言えませんし、日本中探せばどこかで逆援は行われているかもしれません。
でも、少なくとも普通の出逢い系サイトで逆援助をするなんて、まず考えられないことでしょうし、それぐらいお金に余裕がある女性であれば、もっと他の方法で素敵な男性を探せるはずなのです。

宝くじに当選するぐらいの低確率なのに、それを夢見て逆援助に期待するのはあまりに無謀な行為なのです。
それでこちらが多額のお金を払うことになれば本末転倒ですし、しかも何1つとして得る物はないわけですから、泣きっ面に蜂なのです。
それでも、男性の方々は逆援助をやりたいと思うのでしょうか?

Copyright© 2010 安全な出逢い系サイトで出逢いを探そう! All Rights Reserved.